いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「本を売る」という仕事: 書店を歩く

著者:長岡 義幸 
出版社:潮出版社
単行本(ソフトカバー):312ページ
発売日:2018-01-05
分類: 書店・古書店  ノンフィクション  図書館情報学 
「本を売る」という仕事: 書店を歩く
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 しぼむ街の本屋
  • 消えゆく「街の本屋」
  • 小書店を支える取次会社の危機 ほか
第2章 地域と書店
  • 「やま読」―図書館と書店をつなぐ試み
  • なぜ行政が書店業に ほか
第3章 街の本屋の挑戦
  • 「まちの本屋の最高峰」を目指して
  • 書店が手を結んだ協業組織「NET21」 ほか
第4章 新しい本屋のかたち
  • 並み居る大型書店に伍して、選書の妙で勝負
  • 困難を乗り越え、新規参入 ほか
第5章 震災を超えて
  • 二〇一六年春―東日本大震災の被災地の書店
  • 二〇一六年六月―熊本地震に遭遇した書店 ほか
エピローグ 山陰で出版人を育てる「本の学校」

<新聞書評>