いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

Weの市民革命

著者:佐久間裕美子 
出版社:朝日出版社
単行本(ソフトカバー):232ページ
発売日:2020/12/15
価格:1650円
分類: 社会一般  社会学概論 
キーワード: We  市民  革命 
評価 3.6   読者数 2.7
Weの市民革命
       

<マイリスト>

<目次>

01 消費はアクティビズムになった
  • 私が生きてきた時代のこと
  • オバマからトランプへ ほか
02 インディペンデントは生き残れるのか
  • ブルックリンと高級化
  • 「非営利」という生き残りの方法論 ほか
03 コロナが前進させた社会のシフト
  • COVID‐19がやって来た
  • ロックダウン下の食料調達 ほか
04 自分ごとのサステイナビリティ
  • 自分はどんな消費者でありたいか
  • 「サステイナブル」が目指すもの ほか

<新聞書評>

<ブログ等>

<佐久間裕美子の本>