いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

人は死にぎわに、何を見るのか: 臨終の言葉でわかった死の過程と死後の世界

著者:リサ スマート 
出版社:徳間書店
単行本:286ページ
発売日:2018-03-13
分類: 死生観  超心理学・心霊 
キーワード:     言葉    過程  世界 
人は死にぎわに、何を見るのか: 臨終の言葉でわかった死の過程と死後の世界
         

<マイリスト>

<目次>

最期の会話が伝えること
最期の言葉の神聖なる道をたどる
死に近づくと、言葉が変化する
人は死ぬ前に大きな出来事の告知をする
大切な人に残す言葉
最期の日々に見られる力のこもった言葉
いまわの際の不可解な言葉を理解する
いまわの際の幻影とお迎え現象
言葉にならない最初の言葉と最期の言葉
死後も続くコミュニケーション〔ほか〕

<新聞書評>