いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

悲しみの秘義

著者:若松 英輔 
レーベル: 文春文庫
出版社:文藝春秋
文庫:235ページ
発売日:2019/12/05
価格:803円
分類: エッセー・随筆 
キーワード: 悲しみ     
評価 4.0   読者数 2.4
悲しみの秘義
       

<マイリスト>

<目次>

悲しみの秘義
見えないことの確かさ
低くて濃密な場所
底知れぬ「無知」
眠れない夜の対話
彼方の世界へ届く歌
勇気とは何か
原民喜の小さな手帳
師について
覚悟の発見
別離ではない
語り得ない彫刻
この世にいること
花の供養に
信頼のまなざし
君ぞかなしき
模写などできない
孤独をつかむ
書けない履歴書
一対一
詩は魂の歌
悲しい花
彼女
色なき色
文学の経験
死者の季節

<若松 英輔の本>