いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?: アスリートの科学

著者:デイヴィッド エプスタイン 
出版社:早川書房
単行本:448ページ
発売日:2014/09/25
価格:2310円
分類: スポーツ  ノンフィクション 
キーワード: スポーツ  遺伝子  勝者  科学 
評価 3.8   読者数 2.6
スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?: アスリートの科学
       

<マイリスト>

<目次>

スポーツ遺伝子を探して
メジャーリーグ選手が女子ソフトボール選手に完敗―遺伝子によらない専門技能獲得モデル
二人の走り高跳び選手―(一万時間プラスマイナス一万時間)
メジャーリーグ選手の視力と天才少年・少女アスリート―ハードウェアとソフトウェアのパラダイム
男にも乳首があるのはなぜ?
トレーニングで伸びる選手の資質
スーパーベビー、ブリーウィペット、筋肉のトレーニング効果
体型のビッグバン
ウィトルウィウス的NBA選手
人間はみな黒人(とも言える)―人類の遺伝的多様性
ジャマイカ・スプリンターの「戦士・奴隷説」
マラリアと筋繊維
ケニアのカレンジン族は誰でも速く走るのか?
世界で最も思いがけない(高地にある)才能のふるい
そり犬、ウルトラランナー、怠け者の遺伝子
不運な遺伝子―死、けが、痛み
金メダルへの遺伝子変異
完璧なるアスリート

<新聞書評>

<ブログ等>

<別版>