いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

アメリカのジレンマ 実験国家はどこへゆくのか

著者:渡辺 靖 
レーベル: NHK出版新書
出版社:NHK出版
新書:240ページ
発売日:2015-07-09
分類: アメリカ  外交・国際関係  国際政治情勢  政治入門 
キーワード: アメリカ  国家  どこ 
評価 3.3   読者数 2.5
アメリカのジレンマ 実験国家はどこへゆくのか
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 アメリカの「歴史認識」―日本像から見る
  • 不可解な日本の「保守」
  • なぜ右派が警戒されるのか
  • 更新される「歴史認識」
  • 「ディスカウント・ジャパン」への反応
第2章 アメリカの「戦後」―保守とリベラルの相克
  • 「自由社会の盟主」はいかにつくられたか
  • 「黄金の五〇年代」を起点とするアメリカ現代史
第3章 戦後社会の変質―自由大国のジレンマ
  • 「個人化」する社会
  • 保守化する経済、拡大する格差
  • 超資本主義化する政治
  • 新自由主義的「自治」の加速
  • 社会のリベラル化
第4章 オバマ外交の現実―「世界の警察官」からの退却
  • アメリカ再建への要請
  • アジアへの「リバランス」
  • 転機を迎える日米関係
  • 中東をめぐる混迷
第5章 「アメリカの世紀」は終わったのか―親米/反米を超えて
  • アメリカ衰退論を検証する
  • アメリカの自画像
  • アメリカへのまなざし

<新聞書評>