いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う

著者:石井 彰 
レーベル: NHK出版新書
出版社:NHK出版
新書:224ページ
発売日:2011-07-07
分類: エネルギー 
キーワード: 盲点  天然  ガス  日本 
評価 3.8   読者数 3.1
エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 エネルギー問題がなぜ重要なのか―人類の命と文明を支えるカギ
  • エネルギーとは何か
  • エネルギーは人命を守る
  • エネルギーがつくった文明史
第2章 技術革新の陰に化石燃料あり―エネルギーは「量」より「質」で考える
  • 化石燃料はなぜ近代化を促したのか
  • 石油はなぜチャンピオンになったのか
  • エントロピーから考えるエネルギーと文明の関係
第3章 虚飾にまみれたエネルギー論争―原発vs再生可能エネルギー対立の不毛
  • エネルギー論争のウソ
  • コストで比較する原子力と再生可能エネルギー
  • 二元論者の奇妙な相似
第4章 知られざる天然ガスの実力―世界的「ガス革命」に乗り遅れるな
  • 「天然ガス後進国」ニッポン
  • 葬られたガス・パイプライン計画
  • 国際的にすすむ天然ガス革命
第5章 二一世紀型の省エネとエネルギー安全保障―資源、地域の分散化がカギ
  • 省エネの盲点
  • コジェネレーションの可能性
  • 原子力代替は天然ガス+再生可能エネルギーで
  • エネルギーの安全保障

<ブログ等>

<石井 彰の本>