いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

平和主義とは何か - 政治哲学で考える戦争と平和

著者:松元 雅和 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:244ページ
発売日:2013-03-22
分類: 政治入門  哲学・思想 
キーワード:   政治  哲学  戦争  平和 
評価 3.7   読者数 2.7
平和主義とは何か - 政治哲学で考える戦争と平和
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 愛する人が襲われたら―平和主義の輪郭
第2章 戦争の殺人は許されるか―義務論との対話
第3章 戦争はコストに見合うか―帰結主義との対話
第4章 正しい戦争はありうるか―正戦論との対話
第5章 平和主義は非現実的か―現実主義との対話
第6章 救命の武力行使は正当か―人道介入主義との対話
終章 結論と展望

<新聞書評>

<こちらの本も閲覧されています>