いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

裁判官も人である 良心と組織の狭間で

著者:岩瀬 達哉 
出版社:講談社
単行本:330ページ
発売日:2020/01/31
価格:1870円
分類: ノンフィクション  暮らしの法律 
キーワード: 裁判官    良心  組織  狭間 
評価 3.6   読者数 2.4
裁判官も人である 良心と組織の狭間で
       

<マイリスト>

<目次>

視えない統制
原発をめぐる攻防
萎縮する若手たち
人事評価という支配
権力の中枢・最高裁事務総局
「平賀書簡問題」の衝撃
ブルーパージが裁判所を変えた
死刑を宣告した人々
冤罪と裁判官
裁判所に人生を奪われた人々
ねじ曲げられた裁判員制度
政府と司法の暗闇

<岩瀬 達哉の本>