いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史 (講談社選書メチエ)

著者:鈴木 勇一郎 
出版社:講談社
単行本(ソフトカバー):240ページ
発売日:2019-05-11
分類: 鉄道  日本史一般 
キーワード: 聖地  都市  鉄道  日本  近代史 
電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史 (講談社選書メチエ)
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「電鉄」はいかにして生まれたか
第1章 凄腕住職たちの群像―新勝寺と成田の鉄道
第2章 寺門興隆と名所開発―川崎大師平間寺と京浜電鉄
第3章 「桁外れの奇漢」がつくった東京―穴守稲荷神社と京浜電鉄
第4章 金儲けは電車に限る―池上本門寺と池上電気鉄道
第5章 葬式電車出発進行―寺院墓地問題と電鉄
終章 日本近代都市と電鉄のゆくえ

<新聞書評>