いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

東芝解体 電機メーカーが消える日

著者:大西 康之 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:272ページ
発売日:2017-05-17
分類: ノンフィクション  企業動向 
キーワード: メーカー 
評価 3.7   読者数 3.1
東芝解体 電機メーカーが消える日
       

<マイリスト>

<目次>

序章 日本の電機が負け続ける「本当の理由」―電機メーカーを長年支え続けた“本業”の正体
1 東芝 「電力ファミリーの正妻」は解体へ―待ちうける“廃炉会社”への道
2 NEC 「電電ファミリーの長兄」も墜落寸前―通信自由化時代30年を無策で過ごしたツケ
3 シャープ 台湾・ホンハイ傘下で再浮上―知られざる経済産業省との「暗闘」
4 ソニー 平井改革の正念場―脱エレクトロニクスで、かすかに見えてきた光明
5 パナソニック 立ちすくむ巨人―「車載電池」「住宅」の次に目指すもの
6 日立製作所 エリート野武士集団の死角―「技術の日立」を過信し、消費者を軽んじた
7 三菱電機 実は構造改革の優等生?―「逃げながら」「歩み続ける」経営力
8 富士通 コンピューターの雄も今は昔―進取の気性を失い、既得権にしがみつく

<大西 康之の本>