いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

著者:大西 康之 
出版社:日経BP
単行本:324ページ
発売日:2014-05-16
分類: 会社経営  企業動向 
キーワード: 会社   
評価 3.8   読者数 3.2
会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 再会―井植敏は『ゼロ』を読んでいた
第2章 決断―中村邦夫はなぜ動いたのか
第3章 抵抗―野中ともよは「地球を守る」と言い放った
第4章 一歩―「ニーハオ」から始めよう‐ハイアールに買われた人々
第5章 覚醒―こうやって黒字にするのか‐京セラに買われた人々
第6章 意地―最後の1個まで売り切ってやる!‐校長に転身したマーケター
第7章 陥穽―私はこれで会社を辞めました‐セクハラ疑惑をかけられた営業幹部
第8章 贖罪―「首切り」が私の仕事だった…‐高額ヘッドハントを断った人事部長
第9章 自由―淡路島からもう一度‐テスラを駆る電池技術者
第10章 転生―「離職者再生工場」の可能性‐ベビーバギーを作る生産技術者

<新聞書評>

<大西 康之の本>