いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ドラッカーと会計の話をしよう

著者:林 總 
レーベル: 中経の文庫
出版社:KADOKAWA
文庫:389ページ
発売日:2016-06-14
分類: ビジネス実用  経済学 
キーワード: ドラッカー  会計   
評価 3.9   読者数 3.3
ドラッカーと会計の話をしよう
       

<マイリスト>

<目次>

1 利益は幻想である(営利組織編)
  • ファーストクラス―レストラン経営者と謎の紳士
  • ディナータイム―利益が会社を潰す
  • あかりの消えた機内―「松」「竹」「梅」はどれがお得か?
  • 真夜中の決断―コストカットは未来を奪う
  • 再起の朝―客はオーケストラの何にお金を払うのか?
  • 2年後―経営の神髄
2 病院はなぜ儲からないのか(非営利組織編)
  • ニセ看護師と金満病院経営者
  • 500万円の金婚旅行―「使命」のためなら赤字でもかまわないのか
  • 大介の決断―黒字でなければ生き残れない
  • 西園寺のレクチャー―なぜ病院は入院患者を追い出そうとするのか
  • 再建のカギ―病院は燃費の悪いアメ車なのか
  • 最後の問題―知識労働者と肉体労働者
  • 新生・佐原病院―知識労働者の生産性イノベーション
  • 馬淵美子の手紙

<別版>

<林 總の本>