いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

大津絵 民衆的諷刺の世界

著者:クリストフ・マルケ 
レーベル: 角川ソフィア文庫
出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
文庫:303ページ
発売日:2016-07-23
価格:1512円
分類: 東洋・日本美術史  文学・評論 
キーワード: 世界 
大津絵 民衆的諷刺の世界
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 江戸の庶民絵画、大津絵の歴史
  • 大津絵の発祥
  • 礼拝用の大津絵神仏画
  • 戯画から教訓絵へ
  • 護符としての大津絵
  • 大津絵の現在
第2章 楠瀬日年の『大津絵』
  • 庶民の神々
  • 英雄
  • 若衆・奴・芸能民
  • 美人
  • 鳥獣
第3章 楠瀬日年と大津絵―再発見と創作
  • 大津絵に魅了された近代の洋画家たち
  • 楠瀬日年の江戸民衆芸術への憧憬
  • 楠瀬日年の大津絵論
  • 楠瀬日年の『大津絵』版画集

<新聞書評>