いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

警視庁捜査一課特殊班

著者:毛利 文彦 
レーベル: 角川文庫
出版社:角川書店
文庫:380ページ
発売日:2004-08-01
分類: 科学読み物  警察・FBI  行政・官公庁  事件一般  社会学概論 
キーワード: 特殊   
評価 3.8   読者数 2.8
警視庁捜査一課特殊班
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 身代金授受現場(昭和六十一年、小一男児誘拐殺人事件)
第2章 逆探知(平成三年、富士銀行員誘拐事件)
第3章 誘拐犯との心理戦
第4章 消費者一億人を人質にとる犯罪―企業恐喝
第5章 刑事警察の特殊部隊
第6章 なぜ、人質は射殺されたのか(昭和六十二年、八大産業社長宅立てこもり事件)
第7章 殉職と隣り合わせの救出作戦(平成四年、横浜、町田の警官殺傷犯民家立てこもり事件)
第8章 特殊班の知られざる技術
第9章 SITとSAT―ハイジャック事件
第10章 特務ファイル1―特命・教祖逮捕(オウム・麻原逮捕とその瞬間)
第11章 特務ファイル2―逃走の元刑事を確保せよ(広域指定118号事件)
第12章 教訓は生きているか

<別版>

<毛利 文彦の本>