いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇

著者:今西憲之+週刊朝日編集部 
出版社:朝日新聞出版
単行本:319ページ
発売日:2013-08-20
分類: 原子力・放射線  社会一般 
キーワード: 原子力  ムラ  陰謀  ファイル   
評価 4.0   読者数 2.5
原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ 「3・11福島原発」の序曲それは「もんじゅ」事故から始まった
第1章 ウランの里「人形峠」で行われた戦慄の住民思想調査
第2章 動燃裏工作部隊「K機関」を暴く
第3章 梶山静六を大臣に押し上げた原子力ムラ組織ぐるみ選挙
第4章 科学技術庁が指示したNHKへの「やらせ抗議」
第5章 プルトニウム輸送船「あかつき丸」の日米密約
第6章 動燃「工作」体質の起源
第7章 「もんじゅ」事故前夜の「安全神話」
第8章 もんじゅ事故「隠蔽」極秘記録と西村氏「怪死」の真相