いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

唐代伝奇小説論――悲しみと憧れと

著者:小南 一郎 
出版社:岩波書店
単行本:256ページ
発売日:2014-03-20
価格:7344円
分類: 外国文学研究  中国の古典  中国文学 
キーワード: 悲しみ 
唐代伝奇小説論――悲しみと憧れと
       

<マイリスト>

<目次>

序論―語りの場から作品へ
  • 語りの場
  • 語りの内容と形式
  • 作品の形成―伝と伝奇
第1章 古鏡記―太原王氏の伝承
  • 「王度古鏡記」の形成
  • 「文中子中説」の形成
  • 太原王氏の伝承
  • 門閥の命運と宝器
第2章 鶯鶯伝―元白文学集団の小説創作
  • 伝奇小説と歌行詩
  • 尤物論
  • 夢遊春
  • 婚仕の際
第3章 李娃伝―長安のまちと人々
  • 李娃の性格
  • 下降から上昇へ
  • 「李娃伝」の多層構造
第4章 霍小玉伝―伝奇小説の挫折
  • 「霍小玉伝」のあらすじ
  • 李益と蒋防
  • 色愛と婚仕と
  • 豪侠たち
  • 伝奇小説の挫折

<新聞書評>