いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

クルド人 国なき民族の年代記――老作家と息子が生きた時代

著者:福島 利之 
出版社:岩波書店
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2017-06-16
分類: 社会学概論  地理・地域研究  世界史  中近東 
クルド人 国なき民族の年代記――老作家と息子が生きた時代
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 イラクのクルド自治区の今
  • 「イスラム国」の衝撃
  • 「ミニ国家」クルド自治区
  • 「自由」の代償
  • キルクークを巡る民族対立
  • 独立闘争の鬼っ子「PKK」
第2部 クルド人とは
  • 民族性とその歴史
  • 大国の思惑と幻の国家
第3部 サダムの時代
  • 共和国の誕生とバアス党の支配
  • 湾岸戦争とクルドの民衆蜂起
  • クルド地域政府の樹立と内戦
  • イラク戦争とサダムの最期
国家樹立への道

<新聞書評>