いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

原子・原子核・原子力――わたしが講義で伝えたかったこと

著者:山本 義隆 
出版社:岩波書店
単行本(ソフトカバー):240ページ
発売日:2015-03-25
分類: 原子・素粒子物理学  原子力・放射線 
キーワード: 原子  原子核  原子力  わたし  講義 
評価 3.7   読者数 2.6
原子・原子核・原子力――わたしが講義で伝えたかったこと
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 原子論のはじまり
  • 化学原子論
  • 歴史的な語りについて
  • 力学のおさらい ほか
第2章 イオンと電子の発見
  • 重力をめぐって
  • 電磁気学の初歩
  • 電気分解の法則 ほか
第3章 X線と放射線の発見
  • レントゲンとX線の発見
  • ベクトルとキュリー夫妻
  • 放射線をめぐって ほか
第4章 アインシュタインと光子仮説
  • 光電効果をめぐって
  • 放射線のエネルギー
  • 光子の波動性と粒子性 ほか
第5章 原子モデルをめぐって
  • 有核原子
  • 原子の古典モデルとその問題点
  • ボーアの原子モデル ほか
第6章 原子核について
  • 放射性元素の崩壊
  • 核物理学のはじまり
  • 核力と核エネルギー ほか
第7章 原爆と原発
  • 原子爆弾について
  • 原発の事故について
  • 使用済み核燃料の問題 ほか

<新聞書評>

<ブログ等>

<山本 義隆の本>