いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

新聞の書評欄に掲載された本

2018年10月28日〜2018年11月3日

朝日新聞
Link書名著者等評者
書評 風の演劇 評伝別役実 内田洋一 保阪正康
書評 監禁面接 ピエール・ルメートル、翻訳:橘 明美 諸田玲子
書評 芸術文化の投資効果 メセナと創造経済 (文化とまちづくり叢書) 加藤 種男 椹木野衣
書評 どこにでも神様 知られざる出雲世界をあるく 野村 進 宮田珠己
書評 凍てつく太陽 葉真中 顕 斎藤美奈子
書評 食育のウソとホント 捏造される「和食の伝統」 魚柄 仁之助 野矢茂樹
書評 運命 文在寅自伝 文 在寅、翻訳:矢野 百合子 齋藤純一
読売新聞
Link書名著者等評者
書評 神々が宿る絶景100 三浦佑之監修 [短評]
書評 ディアローグ デュラス/ゴダール全対話 シリル・ベジャン編 [短評]
書評 フランス人の性 プラド夏樹 森健
書評 人さらい 翔田寛 宮部みゆき
書評 風景論 変貌する地球と日本の記憶 港千尋 伊藤亜紗
書評 生きづらい明治社会 不安と競争の時代 松沢裕作 苅部直
書評 細川忠利 ポスト戦国世代の国づくり 稲葉継陽 本郷恵子
書評 教養派知識人の運命 竹内洋 土方正志
書評 モーツァルトのムクドリ ライアンダ・リン・ハウプト 塚谷裕一
書評 カミングアウト LGBTの社員とその同僚に贈るメッセージ ジョン・ブラウン 加藤徹
書評 漂流怪人・きだみのる 嵐山光三郎 東えりか
書評 左目に映る星 奥田亜希子 東えりか
書評 ロゴスの市 乙川優三郎 東えりか
書評 ジャイロモノレール 森博嗣 東えりか
書評 日本史の論点 中公新書編集部編 川口晴美
書評 恐怖の構造 平山夢明 川口晴美
毎日新聞
Link書名著者等評者
書評 文学はおいしい。 小山鉄郎・著、ハルノ宵子・画 湯川豊
書評 メトロポリタン歌劇場 歴史と政治がつくるグランドオペラ チャールズ・アフロンほか 池澤夏樹
書評 長生きだけが目的ですか? 弘兼憲史 [新刊]
書評 世界史のなかの文化大革命 馬場公彦 [新刊]
書評 寄席の底ぢから 中村伸 [新刊]
書評 高坂正堯 戦後日本と現実主義 服部龍二 中島岳志
書評 私の生い立ち 与謝野晶子 荒川洋治
書評 U&I ニコルソン・ベイカー著、有好宏文・訳 若島正
書評 横田喜三郎 1896−1993 現実主義的平和論の軌跡 片桐庸夫 [本と人]
書評 その声を力に 早乙女勝元 [新刊]
書評 世界不平等レポート 2018 ファクンド・アルヴァレドほか編、徳永優子ほか訳 [新刊]
産経新聞
Link書名著者等評者
書評 仕事にしばられない生き方 ヤマザキマリ [聞きたい。]
書評 戦後国際秩序の終わり 世界の中の日本 宮家邦彦
書評 ダンデライオン 中田永一 大森望
書評 星のなまえ 高橋順子 瀬戸内みなみ
書評 人類滅亡小説 山田宗樹  
書評 蕪村 己が身の闇より吼て 小嵐九八郎 高橋敏夫
書評 墓が語る江戸の真実 岡崎守恭  
書評 ウェールズ語の歴史 ジャネット・デイヴィス  
書評 ある葬儀屋の告白 キャレブ・ワイルド  
東京新聞
Link書名・著者評者
書評 始まりの知−ファノンの臨床 冨山一郎著  
書評 <焼やけ跡あと>の戦後空間論 逆井聡人(さかさい・あきと)著  
書評 グッバイ・クリストファー・ロビン アン・スウェイト著  
書評 月岡芳年(つきおかよしとし)伝−幕末明治のはざまに 菅原真弓著  
サンデー毎日
Link書名著者等評者
書評 僕の昭和史 上原 隆
書評 ブラック・スクリーム 岡崎 武志
書評 なぜヒトは学ぶのか 安藤寿康 三浦 天紗子
書評 未完の西郷隆盛 先崎彰容 本郷 和人
書評 キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜 平松 洋子

10月14日  10月21日  10月28日  11月4日  11月11日