いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

上村忠男作品の書評

朝日新聞
Link書名著者等評者
書評 ミクロストリアと世界史―歴史家の仕事について カルロ・ギンズブルグ、上村 忠男 中村和恵
書評 いと高き貧しさ―修道院規則と生の形式 ジョルジョ・アガンベン、上村忠男、太田綾子 杉田敦
書評 死後に生きる者たち―〈オーストリアの終焉〉前後のウィーン展望 マッシモ・カッチャーリ、上村忠男、田中純 佐々木敦
書評 知の棘―歴史が書きかえられる時 上村忠男 高村薫
書評 エドワード・サイード−対話は続く ホミ・バーバ、W・J・T・ミッチェル、上村忠男 小杉泰
書評 糸と痕跡 カルロ・ギンズブルグ、上村忠男 奥泉光
読売新聞
Link書名著者等評者
書評 アガンベン 〈ホモ・サケル〉の思想 上村忠男  
※古い書評はリンク切れしている場合があります。