いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

養老孟司の書評

毎日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 生存する意識 植物状態の患者と対話する エイドリアン・オーウェン著、柴田裕之・訳 2018年10月7日
書評 デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂 落合陽一 2018年8月26日
書評 あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠 キャシー・オニール著、久保尚子・訳 2018年7月22日
書評 デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義 福田直子 2018年6月17日
書評 脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 鈴木大介 2018年5月13日
書評 こころは内臓である スキゾフレニアを腑分けする 計見一雄 2018年2月11日
書評 資本主義と死の欲動−フロイトとケインズ G・ドスタレール、B・マリス 2018年1月7日
書評 デザイナー・ベビー ゲノム編集によって迫られる選択 ポール・ノフラー 2017年11月12日
書評 視覚の生命力−イメージの復権 柏木博 2017年10月1日
書評 塑する思考 佐藤卓 2017年8月20日
書評 日本再生は、生産性向上しかない! デービッド・アトキンソン 2017年7月9日
書評 心を操る寄生生物 感情から文化・社会まで キャスリン・マコーリフ 2017年5月21日
書評 健康診断は受けてはいけない 近藤誠 2017年4月2日
書評 無葬社会−彷徨う遺体 変わる仏教 鵜飼秀徳 2017年2月5日
書評 分節幻想−動物のボディプランの起源をめぐる科学思想史 倉谷滋 2016年12月11日
書評 渋谷の農家 小倉崇 2016年10月30日
書評 <わたし>は脳に操られているのか エリエザー・スタンバーグ 2016年9月18日
書評 外来種は本当に悪者か?−新しい野生 THE NEW WILD フレッド・ピアス 2016年8月7日
書評 「奇跡の自然」の守りかた−三浦半島・小網代の谷から 岸由二柳瀬博一 2016年6月19日
書評 ゲノム革命−ヒト起源の真実− ユージン・E・ハリス 2016年5月1日
書評 生態学的債務 アンドリュー・シムズ 2016年3月13日
書評 道程−オリヴァー・サックス自伝 オリヴァー・サックス 2016年1月17日
書評 ヘッケルと進化の夢−一元論、エコロジー、系統樹 佐藤恵子・著 2015年11月15日
書評 バイオエピステモロジー 米本昌平・著 2015年10月4日
書評 エゴ・トンネル−心の科学と「わたし」という謎 トーマス・メッツィンガー著 2015年8月16日
書評 新・観光立国論… デービッド・アトキンソン 2015年7月12日
書評 6度目の大絶滅 エリザベス・コルバート 2015年5月31日
書評 進化の謎を数学で解く アンドレアス・ワグナー 2015年4月12日
書評 捏造の科学者−STAP細胞事件 須田桃子・著 2015年1月25日
書評 アインシュタインの逆オメガ−脳の進化から教育を考える 小泉英明・著 2015年1月11日
書評 理不尽な進化−遺伝子と運のあいだ 吉川浩満 2014年11月9日
書評 <わたし>はどこにあるのか−ガザニガ脳科学講義 マイケル・S・ガザニガ 2014年9月14日
書評 渇きの考古学−水をめぐる人類のものがたり スティーヴン・ミズン 2014年7月27日
書評 寄生虫なき病 モイセズ・ベラスケス=マノフ 2014年5月25日
書評 天地人−三才の世界 尾池和夫・竹本修三編 2014年3月30日
書評 神様のホテル ビクトリア・スウィート 2014年2月16日
週刊文春
Link書名著者等掲載日
書評 昨日までの世界 ジャレド・ダイアモンド著、倉骨彰訳 2013年4月8日
※古い書評はリンク切れしている場合があります。

養老孟司のいい本のまとめ