いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

尾関章の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 人間らしさとはなにか?―人間のユニークさを明かす科学の最前線 マイケル・S・ガザニガ、柴田裕之 2010年3月28日
書評 明日をどこまで計算できるか?―「予測する科学」の歴史と可能性 デイヴィッド・オレル大田直子鍛原多惠子 2010年3月21日
書評 クォンタム・ファミリーズ 東浩紀 2010年2月21日
書評 重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて ジョン・W・モファット、水谷淳 2010年2月14日
書評 初夜 イアン・マキューアン村松潔 2010年2月7日
書評 完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者 マーシャ・ガッセン、青木薫 2010年1月17日
書評 ブラックホール戦争−スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い レオナルド・サスキンド、林田陽子 2009年12月6日
書評 たまたま−日常に潜む「偶然」を科学する レナード・ムロディナウ、田中三彦 2009年11月8日
書評 シルフ警視と宇宙の謎 ユーリ・ツェー、浅井晶子 2009年10月25日
書評 サイバービア−電脳郊外が“あなた”を変える ジェイムス・ハーキン、吉田晋治 2009年10月4日
書評 生命の音楽 ゲノムを超えて−−システムズバイオロジーへの招待 デニス・ノーブル、倉智嘉久 2009年9月13日
書評 ナノ・ハイプ狂騒―アメリカのナノテク戦略  デイヴィッド・M.ベルーベ、五島綾子熊井ひろ美 2009年8月30日
書評 素数たちの孤独 パオロ・ジョルダーノ飯田亮介 2009年8月2日
書評 ミラ マルコ・イアコボーニ、塩原通緒 2009年7月5日
書評 思考する言語―「ことばの意味」から人間性に迫る(上・中・下) スティーブン・ピンカー、幾島幸子、桜内篤子 2009年6月14日
書評 ステュディオ フィリップ・ソレルス、齋藤豊 2009年5月24日
書評 老後も進化する脳 リタ・レヴィ・モンタルチーニ、齋藤ゆかり 2009年5月10日
書評 宇宙を織りなすもの―時間と空間の正体  ブライアン・グリーン、青木薫 2009年4月19日
書評 ゼノンのパラドックス ジョセフ・メイザー、松浦俊輔 2009年3月29日
書評 心は遺伝子の論理で決まるのか キース・E・スタノヴィッチ、椋田直子、鈴木宏昭 2009年3月15日
書評 幽霊コレクター ユーディット・ヘルマン、松永美穂 2009年3月1日
書評 ハチはなぜ大量死したのか ローワン・ジェイコブセン、中里京子福岡伸一 2009年2月22日
書評 宇宙論入門 佐藤勝彦 2009年2月8日
書評 ヒトゲノムを解読した男―クレイグ・ベンター自伝 J. Craig Venter、野中香方子 2009年1月25日
書評 幻影の書 ポール・オースター、柴田元幸 2009年1月11日
書評 サイエンス・インポッシブル ミチオ・カク、斉藤隆央 2008年12月7日
書評 もっとも美しい対称性 イアン・スチュアート水谷淳 2008年11月9日
書評 ライト M・ジョン・ハリスン、小野田和子 2008年11月2日
書評 偶然を生きる思想 「日本の情」と「西洋の理」 野内良三 2008年10月19日
書評 重力波とアインシュタイン ダニエル・ケネフィック、松浦俊輔 2008年10月12日
書評 見えない宇宙ー理論天文学の楽しみ ダン・フーパー、柳下貢崇 2008年9月14日
書評 叛逆としての科学―本を語り、文化を読む22章 フリーマン・ダイソン、柴田裕之 2008年9月7日
書評 白い指先の小説 片岡義男 2008年8月31日
書評 マドンナ―永遠の偶像(アイコン) ルーシー・オブライエン、宮田攝子 2008年7月27日
書評 世界の測量―ガウスとフンボルトの物語 ダニエル・ケールマン、瀬川裕司 2008年7月20日
書評 ディープエコノミー―生命を育む経済へ ビル・マッキベン、大槻敦子 2008年7月6日
書評 嘘発見器よ永遠なれ―「正義の機械」に取り憑かれた人々 ケン・オールダー青木創 2008年6月15日
書評 対称性 レオン・レーダーマン、クリストファー・ヒル、小林茂樹 2008年6月1日
書評 都市計画の世界史 日端康雄 2008年5月18日
書評 幸運な宇宙 ポール・デイヴィス、吉田三知世 2008年4月20日
書評 ピタゴラスの定理―4000年の歴史 E.マオール、伊理由美 2008年4月6日