いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

島田雅彦の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと 奥野克巳 2019年9月15日
書評 シベリア最深紀行―知られざる大地への七つの旅 中村 逸郎 2016年3月27日
書評 食糧と人類―飢餓を克服した大増産の文明史 ルース・ドフリース小川 敏子 2016年3月20日
書評 森は考える 人間的なるものを超えた人類学 エドゥアルド・コーン、奥野克巳、近藤宏、近藤祉秋、二文字屋脩 2016年3月6日
書評 道程 オリヴァー・サックス自伝 オリヴァー・ サックス大田 直子 2016年2月21日
書評 微生物が地球をつくった ポール・G・フォーコウスキー 2016年1月31日
書評 新カラマ 亀山郁夫 2016年1月17日
書評 人体600万年史―科学が明かす進化・健康・疾病 ダニエル・E・ リーバーマン、塩原 通緒 2015年11月15日
書評 けもの道の歩き方―猟師が見つめる日本の自然 千松 信也 2015年11月8日
書評 秘島図鑑 清水 浩史 2015年10月18日
書評 ヒトはこうして増えてきた―20万年の人口変遷史 大塚 柳太郎 2015年9月27日
書評 私の恋人 上田 岳弘 2015年9月6日
書評 エクソダス症候群 宮内 悠介 2015年8月23日
書評 この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた ルイス ダートネル東郷 えりか 2015年8月9日
書評 言葉と爆弾 ハニフ クレイシ、Hanif Kureishi、武田 将明 2015年7月19日
書評 勝者なき戦争 世界戦争の二〇〇年 イアン・J. ビッカートン、Ian J. Bickerton、高田 馨里 2015年7月5日
書評 帳簿の世界史 ジェイコブ ソール、Jacob Soll、村井 章子 2015年6月7日
書評 日本文学の大地 中沢 新一 2015年4月19日
書評 ドクター・ハック―日本の運命を二度にぎった男 中田 整一 2015年4月12日
書評 暴力の人類史 スティーブン・ピンカー、幾島幸子、塩原通緒 2015年3月15日
書評 知識欲の誕生−ある小さな村の講演会1895−96 アラン・コルバン、築山和也 2015年1月25日
書評 たった独りの外交録―中国・アメリカの狭間で、日本人として生きる 加藤嘉一 2015年1月11日
書評 理不尽な進化―遺伝子と運のあいだ 吉川浩満 2014年12月21日
書評 ドキュメント平成政治史 (1)崩壊する55年体制(2)小泉劇場の時代 後藤謙次 2014年10月19日
書評 老人と子供の考古学 山田康弘 2014年9月7日
書評 音楽の進化史 ハワード・グッドール夏目大 2014年7月20日
書評 人類進化700万年の物語―私たちだけがなぜ生き残れたのか チップ・ウォルター長野敬赤松眞紀 2014年6月29日
書評 加工食品には秘密がある メラニー・ウォーナー、楡井浩一 2014年6月22日
書評 スノーデンファイル ルーク・ハーディング三木俊哉 2014年6月8日
書評 人間は料理をする―火と水 (下)空気と土 マイケル・ポーラン、野中香方子 2014年4月6日

島田雅彦のいい本のまとめ