いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

長谷川眞理子の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 楽園の真下 荻原浩 2019年10月6日
書評 人体、なんでそうなった? 余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳 ネイサン・レンツ、翻訳:久保 美代子 2019年9月22日
書評 僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた アダム・オルター 2019年9月8日
書評 文化がヒトを進化させた 人類の繁栄と〈文化−遺伝子革命〉 ジョセフ・ヘンリック、翻訳:今西 康子 2019年8月18日
書評 生命の歴史は繰り返すのか? 進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む ジョナサン・B.ロソス、翻訳:的場 知之 2019年7月14日
書評 人類の歴史とAIの未来 バイロン・リース、翻訳:古谷 美央 2019年7月7日
書評 人喰い ロックフェラー失踪事件 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) 翻訳:古屋美登里、監修:奥野克巳 2019年5月26日
書評 書物の破壊の世界史 シュメールの粘土板からデジタル時代まで フェルナンド・バエス、翻訳:八重樫 克彦、翻訳:八重樫 由貴子 2019年4月14日
書評 科学立国の危機 失速する日本の研究力 豊田 長康 2019年3月24日
書評 大学による盗骨 研究利用され続ける琉球人・アイヌ遺骨 編著:松島 泰勝、編著:木村 朗 2019年3月10日
書評 サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃 ヴァイバー・クリガン=リード、翻訳:水谷 淳、翻訳:鍛原 多惠子 2019年2月17日
書評 ドナルド・トランプの危険な兆候 精神科医たちは敢えて告発する 翻訳:村松太郎 2019年1月20日
書評 僕たちは、宇宙のことぜんぜんわからない この世で一番おもしろい宇宙入門 ジョージ・チャムダニエル・ホワイトソン、翻訳:水谷 淳 2019年1月6日
書評 魂に息づく科学 ドーキンスの反ポピュリズム宣言 リチャード・ドーキンス、翻訳:大田 直子 2018年12月9日
書評 DARPA秘史 世界を変えた「戦争の発明家たち」の光と闇 アメリカ国防高等研究計画局 シャロン・ワインバーガー、翻訳:千葉 敏生 2018年11月4日
書評 ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 上 ユヴァル・ノア・ハラリ 2018年10月14日
書評 タイムトラベル 「時間」の歴史を物語る ジェイムズ・グリック、翻訳:夏目 大 2018年9月30日
書評 何が起きたのか? ヒラリー・ロダム・クリントン 2018年9月16日
書評 マトリョーシカ・ブラッド 呉勝浩 2018年9月2日
書評 マンモスを再生せよ ハーバード大学遺伝子研究チームの挑戦 ベン・メズリック 2018年8月26日
書評 あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠 キャシー・オニール、翻訳:久保 尚子 2018年8月5日
書評 八九六四 「天安門事件」は再び起きるか 安田峰俊 2018年7月1日
書評 知ってるつもり 無知の科学 スティーブン・スローマンフィリップ・ファーンバック、翻訳:土方 奈美 2018年6月3日
書評 知ってるつもり―無知の科学 スティーブン スローマンフィリップ ファーンバック橘 玲土方 奈美 2018年6月3日
書評 人新世とは何か 〈地球と人類の時代〉の思想史 クリストフ・ボヌイユジャン=バティスト・フレソズ、翻訳:野坂 しおり 2018年5月27日
書評 人新世とは何か―〈地球と人類の時代〉の思想史 クリストフ・ボヌイユジャン=バティスト・フレソズ、野坂しおり 2018年5月27日
書評 全脳エミュレーションの時代―人工超知能EMが支配する世界の全貌 ロビン・ハンソン、-、小坂 恵理 2018年4月1日
日本経済新聞
Link書名著者等掲載日
書評 外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD フレッド・ピアス 2016年10月2日
書評 ジャンクDNA―ヒトゲノムの98%はガラクタなのか? ネッサ キャリー 2016年6月26日
書評 食糧と人類 ―飢餓を克服した大増産の文明史 ルース・ドフリース 2016年3月13日
書評 ネアンデルタール人は私たちと交配した スヴァンテ ペーボ 2015年8月9日
書評 暴力の人類史 上 スティーブン・ピンカー 2015年4月5日
書評 道徳性の起源: ボノボが教えてくれること フランス ドゥ・ヴァール 2015年2月1日
書評 寄生虫なき病 モイセズ ベラスケス=マノフ福岡 伸一 2014年5月18日
書評 病の皇帝「がん」に挑む ― 人類4000年の苦闘 上 シッダールタ・ムカジー 2013年10月6日
書評 脳のなかの天使 V・S・ラマチャンドラン 2013年6月2日
書評 親切な進化生物学者―― ジョージ・プライスと利他行動の対価 オレン・ハーマン 2012年3月4日
週刊文春
Link書名著者等掲載日
書評 進化とは何か ドーキンス博士の特別講義 リチャード・ドーキンス著、吉成真由美編 2015年2月22日

長谷川眞理子のいい本のまとめ