いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

大竹文雄の書評

日本経済新聞
Link書名著者等掲載日
書評 効率と公平を問う 小塩隆士 2012年3月11日
毎日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 偏見や差別はなぜ起こる? 心理メカニズムの解明と現象の分析 北村英哉、唐沢穣・編 2018年10月7日
書評 社会は変えられる 世界が憧れる日本へ 江崎禎英 2018年8月26日
書評 「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明 伊神満 2018年7月15日
書評 解雇規制を問い直す −金銭解決の制度設計 大内伸哉、川口大司・編 2018年4月22日
書評 ゲーム理論はアート 社会のしくみを思いつくための繊細な哲学 松島斉 2018年3月4日
書評 健康格差 あなたの寿命は社会が決める NHKスペシャル取材班 2018年1月21日
書評 シンプルな政府 “規制”をいかにデザインするか キャス・サンスティーン 2017年11月26日
書評 私たちは子どもに何ができるのか−非認知能力を育み、格差に挑む ポール・タフ 2017年10月8日
書評 心理療法がひらく未来… リチャード・レイヤード、デイヴィッド・M・クラーク 2017年8月27日
書評 日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用 大湾秀雄 2017年7月16日
書評 成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学 ロバート・H・フランク 2017年6月4日
書評 モラルの起源−実験社会科学からの問い 亀田達也 2017年4月23日
書評 貧困と闘う知−教育、医療、金融、ガバナンス エステル・デュフロ 2017年3月12日
書評 教育劣位社会−教育費をめぐる世論の社会学 矢野眞和、濱中淳子、小川和孝 2017年2月5日
書評 経済学者 日本の最貧困地域に挑む 鈴木亘 2016年12月18日
書評 人材覚醒経済 鶴光太郎 2016年10月23日
書評 人口と日本経済 吉川洋 2016年9月11日
書評 「非正規労働」を考える 小池和男 2016年7月24日
書評 自由の思想史−市場とデモクラシーは擁護できるか 猪木武徳 2016年6月19日
書評 消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか −「世代間格差拡大」の財政的研究 井堀利宏 2016年4月24日
書評 マーケット進化論−経済が解き明かす日本の歴史 横山和輝 2016年3月13日
書評 21世紀の不平等 アンソニー・B・アトキンソン 2015年12月27日
書評 幸福の構造−持続する幸福感と幸せな社会づくり 島井哲志・著 2015年10月25日
書評 マシュマロ・テスト−成功する子・しない子 ウォルター・ミシェル 2015年9月6日
書評 「学力」の経済学 中室牧子・著 2015年7月26日
書評 多数決を疑う−社会的選択理論とは何か 坂井豊貴・著 2015年6月21日
書評 火花 又吉直樹・著 2015年5月17日
書評 危機と雇用−災害の労働経済学 玄田有史・著 2015年4月5日
書評 日本財政「最後の選択」 伊藤隆敏・著 2015年2月15日
書評 コーポレート・ガバナンス 花崎正晴 2014年12月21日
書評 その問題、経済学で解決できます。 ウリ・ニーズィー、ジョン・A・リスト 2014年10月26日
書評 父が息子に語るマクロ経済学 齊藤誠 2014年8月17日
書評 エピジェネティクス−新しい生命像をえがく 仲野徹 2014年7月13日
書評 労働時間の経済分析 山本勲・黒田祥子 2014年5月25日
書評 ドーナツを穴だけ残して食べる方法 大阪大学ショセキカプロジェクト・編 2014年4月13日
書評 意外と会社は合理的 R・フィスマン、T・サリバン 2014年2月2日
※古い書評はリンク切れしている場合があります。