いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

村上陽一郎の書評

毎日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 一八世紀 近代の臨界 ディドロとモーツァルト 鷲見洋一 2018年9月23日
書評 ホーキング、最後に語る 多宇宙をめぐる博士のメッセージ S・W・ホーキングほか著… 2018年8月12日
書評 性の進化史 いまヒトの染色体で何が起きているのか 松田洋一 2018年7月1日
書評 明治の光・内村鑑三 新保祐司 2018年5月27日
書評 我々はなぜ我々だけなのか 川端裕人・著、海部陽介・監修 2018年4月8日
書評 愛蔵版 モリー先生との火曜日 ミッチ・アルボム 2018年2月18日
書評 宇宙飛行の父ツィオルコフスキー 人類が宇宙へ行くまで 的川泰宣 2018年1月7日
書評 完訳 天球回転論 コペルニクス天文学集成 ニコラウス・コペルニクス 2017年11月12日
書評 看護実践のアポリア D・ショーン《省察的実践論》の挑戦 ゲーリー・ロルフ 2017年8月20日
書評 『医心方』事始 日本最古の医学全書 槇佐知子 2017年7月9日
書評 キリスト教は役に立つか 来住英俊 2017年5月28日
書評 生物科学の歴史 現代の生命思想を理解するために ミシェル・モランジュ 2017年4月16日
書評 人はどうして老いるのか−遺伝子のたくらみ 日高敏隆 2017年3月5日
書評 近代科学の形成と音楽 ピーター・ペジック 2017年1月29日
書評 絶滅の地球誌 澤野雅樹 2016年12月4日
書評 論理がはじめてわかる 新・論理考究 本橋信義 2016年10月23日
書評 時代区分は本当に必要か? ジャック・ル=ゴフ 2016年9月4日
書評 九鬼周造−理知と情熱のはざまに立つ<ことば>の哲学 藤田正勝 2016年7月31日
書評 フィボナッチ−アラビア数学から西洋中世数学へ 三浦伸夫 2016年6月12日
書評 ミュージックスとの付き合い方 −民族音楽学の拡がり 徳丸吉彦 2016年4月24日
書評 「文系学部廃止」の衝撃 吉見俊哉 2016年3月6日
書評 ナディア・ブーランジェ−名音楽家を育てた“マドモアゼル” ジェローム・スピケ 2016年1月31日
書評 音とことばのふしぎな世界−メイド声から英語の達人まで 川原繁人・著 2015年12月6日
書評 知識の社会史2−百科全書からウィキペディアまで ピーター・バーク 2015年10月11日
書評 幹細胞と再生医療 中辻憲夫・著 2015年8月23日
書評 臨床医が語る 認知症と生きるということ 岩田誠・著 2015年6月21日
書評 驚くべき乳幼児の心の世界… ヴァスデヴィ・レディ著 2015年4月26日
書評 医学的音楽療法−基礎と臨床 日本音楽医療研究会・監修、呉東進・編著 2015年2月22日
書評 イシュア記−新約聖書物語 小川国夫 2014年12月28日
書評 ルポ 医療犯罪 出河雅彦 2014年11月2日
書評 医療の選択 桐野高明 2014年8月24日
書評 動物たちはぼくの先生 日高敏隆 2014年7月6日
書評 現代社会と紛争解決学 安川文朗、石原明子・編 2014年5月11日
書評 自閉症という謎に迫る 金沢大学子どものこころの発達研究センター・監修、竹内慶至・編 2014年3月9日
※古い書評はリンク切れしている場合があります。

村上陽一郎のいい本のまとめ