いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

赤澤史朗の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 横浜少年物語―歳月と読書 紀田順一郎 2009年3月29日
書評 重慶爆撃とは何だったのか 荒井信一前田哲男伊香俊哉 2009年3月22日
書評 上海租界興亡史 ロバート・ビッカーズ、本野英一 2009年2月22日
書評 東京裁判における通訳 武田珂代子 2009年2月8日
書評 「家族計画」への道―近代日本の生殖をめぐる政治 荻野美穂 2009年1月25日
書評 民族とネイション―ナショナリズムという難問 塩川伸明 2009年1月18日
書評 キムはなぜ裁かれたのか−朝鮮人BC級戦犯の軌跡 内海愛子 2008年12月14日
書評 キャパになれなかったカメラマン  平敷安常 2008年11月23日
書評 原爆投下とトルーマン J・サミュエル・ウォーカー、林義勝 2008年11月9日
書評 戦争のある暮らし 乾淑子 2008年10月19日
書評 青春の終わった日 ひとつの自伝 清水眞砂子 2008年10月12日
書評 ナショナリズムの狭間から―「慰安婦」問題へのもう一つの視座 山下英愛 2008年9月14日
書評 日本軍「山西残留」 米浜泰英 2008年8月24日
書評 「百人斬り競争」と南京事件―史実の解明から歴史対話へ 笠原十九司 2008年8月10日
書評 生命というリスク/分別される生命 川越修、友部謙一 2008年8月3日
書評 新聞と戦争 朝日新聞社「戦争と新聞」取材班 2008年7月27日
書評 脱出―1940夏・パリ ハンナ・ダイアモンド、佐藤正和 2008年6月29日
書評 済州島四・三事件―「島のくに」の死と再生の物語 文京洙 2008年6月8日
書評 マーク・トウェインと日本―変貌するアメリカの象徴 石原剛 2008年5月11日
書評 創氏改名―日本の朝鮮支配の中で 水野直樹 2008年5月4日
書評 葬儀の植民地社会史―帝国日本と台湾の〈近代〉 胎中千鶴 2008年4月20日
書評 マガジンハウスを創った男 岩堀喜之助 新井恵美子 2008年3月30日
書評 「皇国史観」という問題−十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策 長谷川亮一 2008年3月2日
書評 昭和十年代の陸軍と政治−軍部大臣現役武官制の虚像と実像 筒井清忠 2008年2月10日
書評 大日本帝国のクレオール−植民地期台湾の日本語文学 フェイ・阮・クリーマン、林ゆう子 2008年1月27日
書評 富豪の時代−実業エリートと近代日本 永谷健 2008年1月6日
書評 ビルマ商人の日本訪問記 ウ・フラ、土橋泰子 2007年12月16日
書評 歴史経験としてのアメリカ帝国―米比関係史の群像 中野聡 2007年11月25日
書評 横浜の関東大震災 今井清一 2007年11月11日
書評 さまよえる工藝―柳宗悦と近代 土田真紀 2007年11月4日
書評 川柳のなかの中国―日露戦争からアジア・太平洋戦争まで 中村義 2007年10月28日
書評 露探―日露戦争期のメディアと国民意識 奧武則 2007年10月7日
書評 喪失とノスタルジア 近代日本の余白へ 磯前順一 2007年9月30日
書評 靖国戦後秘史 A級戦犯を合祀した男 毎日新聞「靖国」取材班 2007年9月23日
書評 オッペンハイマー 「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇: カイ・バード、マーティン・シャーウィン、河邉俊彦 2007年9月9日
書評 せめて一時間だけでも ホロコーストからの生還 ペーター・シュナイダー、八木輝明 2007年9月2日
書評 現代世界とイギリス帝国 木畑洋一 2007年8月26日
書評 残留日本兵の真実 インドネシア独立戦争を戦った男たちの記録 林英一 2007年8月5日
書評 現代世界の戦争と平和 栗原優 2007年7月29日
書評 銃後の中国社会 日中戦争下の総動員と農村 笹川裕史、奥村哲 2007年7月8日
書評 北朝鮮へのエクソダス テッサ・モーリス-スズキ、田代泰子 2007年6月24日
書評 陸羯南 有山輝雄 2007年6月17日
書評 紙芝居は楽しいぞ! 鈴木常勝 2007年6月10日
書評 「過去の克服」と愛国心 朝日新聞取材班 2007年6月3日
書評 歴史で考える キャロル・グラック、梅崎透 2007年5月27日
書評 日本政治思想 米原謙 2007年5月20日
書評 陸軍特攻・振武寮 生還者の収容施設 林えいだい 2007年4月29日
書評 白系ロシア人と日本文化 沢田和彦 2007年4月15日
書評 美術のアイデンティティー 誰のために、何のために 佐藤道信 2007年4月8日
書評 在日義勇兵帰還せず 金賛汀 2007年3月18日
書評 帝国のはざまで―朝鮮近代とナショナリズム アンドレ・シュミット、糟谷憲一 2007年3月11日
書評 戦後日本と戦争死者慰霊 西村明 2007年2月25日
書評 男性史 1・2・3 阿部恒久、大日方純夫、天野正子 2007年2月4日
書評 「満鉄全史」 加藤聖文 2007年1月14日
書評 丸山眞男回顧談  丸山眞男、植手通有、松沢弘陽 2006年12月17日
書評 日本の200年―徳川時代から現代まで  アンドルー・ゴードン、森谷文昭 2006年12月3日
書評 捕鯨問題の歴史社会学 渡邊洋之 2006年10月22日
書評 黒木和雄とその時代 佐藤忠男 2006年10月15日
書評 黒い傘の下で―日本植民地に生きた韓国人の声 ヒルディ・カン、桑畑優香 2006年10月8日
書評 藤田省三対話集成1 藤田省三 2006年9月24日
書評 徳富蘇峰 終戦後日記―『頑蘇夢物語』 徳富蘇峰 2006年9月17日
書評 アーニー・パイルが見た「戦争」 ジェームズ・トービン、吉村弘 2006年8月27日
書評 昨日の戦地から―米軍日本語将校が見た終戦直後のアジア ドナルド・キーン、松宮史朗 2006年8月6日
書評 昭和史論争を問う 大門正克 2006年7月30日
書評 天皇の軍隊と日中戦争 藤原彰 2006年7月23日
書評 陸軍墓地がかたる日本の戦争 小田康徳、横山篤夫、堀田暁生 2006年6月18日
書評 トナカイ王−北方先住民のサハリン史 N・ヴィシネフスキー、小山内道子 2006年5月28日
書評 華族 小田部雄次 2006年5月14日
書評 貸本マンガRETURNS 貸本マンガ史研究会 2006年4月16日
書評 日本主義的教養の時代−大学批判の古層 竹内洋佐藤卓己 2006年4月9日