いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

石上英一の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 細川ガラシャ―散りぬべき時知りてこそ 田端泰子 2010年3月14日
書評 絶滅した日本のオオカミ―その歴史と生態学 ブレット・ウォーカー、浜健二 2010年2月21日
書評 古代への道―古代を語る14 直木孝次郎 2010年1月31日
書評 日本の民俗学−「野」の学問の二〇〇年 福田アジオ 2009年12月13日
書評 江戸演劇史  渡辺保 2009年10月18日
書評 振仮名の歴史 今野真二 2009年10月4日
書評 東照宮の近代―都市としての陽明門 内田祥士 2009年8月30日
書評 唐代の人は漢詩をどう詠んだか―中国音韻学への誘い 大島正二 2009年8月23日
書評 仏典をよむ 死からはじまる仏教史 末木文美士 2009年7月12日
書評 琵琶法師―〈異界〉を語る人びと 兵藤裕己 2009年6月21日
書評 人と動物の日本史 全4巻 西本豊弘 2009年6月14日
書評 三大編纂物「国書総目録・群書類従・古事類苑」の出版文化史 熊田淳美 2009年5月17日
書評 放浪のデニム グローバル経済に翻弄されるジーンズの世界 レイチェル・ルイーズ・スナイダー、矢羽野薫 2009年4月26日
書評 和本の海へ―豊饒の江戸文化 中野三敏 2009年4月12日
書評 東大寺 お水取り 春を待つ祈りと懺悔の法会 佐藤道子 2009年3月8日
書評 菱川師宣と浮世絵の黎明 浅野秀剛 2009年2月8日
書評 アーサー・ウェイリー 『源氏物語』の翻訳者 平川祐弘 2009年1月11日
書評 江戸モードの誕生 丸山伸彦 2009年1月4日
書評 聖母像の到来 若桑みどり 2008年11月30日
書評 漢字を飼い慣らす−日本語の文字の成立史 犬飼隆 2008年11月2日
書評 室町絵巻の魔力 再生と創造の中世 高岸輝 2008年10月12日
書評 武士はなぜ歌を詠むか―鎌倉将軍から戦国大名まで 小川剛生 2008年9月21日
書評 戦う村の民俗を行く 藤木久志 2008年8月31日
書評 江戸の武家名鑑―武鑑と出版競争 藤實久美子 2008年7月20日
書評 中世の東海道をゆく―京から鎌倉へ、旅路の風景 榎原雅治 2008年6月22日
書評 岩佐又兵衛―浮世絵をつくった男の謎 辻惟雄 2008年6月15日
書評 欧米人の見た開国期日本―異文化としての庶民生活 石川榮吉 2008年5月25日
書評 骨が語る古代の家族 田中良之 2008年4月27日
書評 江戸の知識から明治の政治へ 松田宏一郎 2008年4月6日