いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

小高賢の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 鴎外・茂吉・杢太郎−「テエベス百門」の夕映え 岡井隆 2008年11月23日
書評 若き高杉一郎―改造社の時代 太田哲男 2008年9月14日
書評 ひっつき虫 杉本秀太郎 2008年7月6日
書評 永遠の故郷−夜 吉田秀和 2008年3月2日
書評 評伝 観世榮夫 船木拓生 2008年1月13日
書評 出版と社会 小尾俊人 2007年12月2日
書評 知られざる魯山人 山田和 2007年10月21日
書評 無頼の悲哀 歌人大野誠夫の生涯 坂出裕子 2007年9月16日
書評 露の玉垣 乙川優三郎 2007年8月19日
書評 生きることのレッスン 竹内敏晴 2007年7月15日
書評 父フロイトとその時代 マルティン・フロイト、藤川芳朗 2007年6月10日
書評 きだみのる 自由になるためのメソッド 太田越知明 2007年4月22日
書評 マニュファクチャリング・コンセント1・2 ノーム・チョムスキー、エドワード・S・ハーマン、中野真紀子 2007年3月25日
書評 編集者 齋藤十一 斎藤美和 2007年1月28日
書評 パブリッシャー トム・マシュラー、麻生九美 2006年10月29日
書評 書痴、戦時下の美術書を読む 青木茂 2006年9月17日
書評 私の沖縄戦記―前田高地・六十年目の証言 外間守善 2006年9月3日
書評 プラハ日記―アウシュヴィッツに消えたペトル少年の記録 ハヴァ・プレスブルゲル、平野清美、林幸子 2006年7月9日
書評 あるエリート官僚の昭和秘史−「武部六蔵日記」を読む 古川隆久 2006年6月4日
書評 アドルフ・ヒトラーの一族 W・シュトラール、畔上司 2006年5月7日
書評 おそめ―伝説の銀座マダムの数奇にして華麗な半生 石井妙子 2006年3月12日
書評 こちら南極 ただいまマイナス60度 中山由美 2006年2月19日
書評 葉薊(はあざみ)館雑記 宮英子 2006年1月8日
書評 土門拳の格闘 岡井耀毅 2005年12月4日
書評 故地想う心涯なし 中川芳子 2005年11月6日
書評 日本 その心とかたち 加藤周一 2005年9月11日
書評 レコードはまっすぐに ジョン・カルショー、山崎浩太郎 2005年7月3日
書評 時のしずく 中井久夫 2005年6月26日
書評 アフター・セオリー ポスト・モダニズムを超えて テリー・イーグルトン小林章夫 2005年5月29日
書評 禁じられたベストセラー ロバート・ダーントン、近藤朱蔵 2005年5月1日
書評 金尾文淵堂をめぐる人びと 石塚純一 2005年4月17日
書評 ヒトラー暗殺計画とスパイ戦争 ジョン・H・ウォラー、今泉菊雄 2005年3月20日
書評 ディナモ アンディ・ドゥーガン、千葉茂樹 2004年11月21日
書評 安息日の前に エリック・ホッファー、中本義彦 2004年10月17日
書評 福沢諭吉の真実 平山洋 2004年10月3日
書評 カフカの生涯 池内紀 2004年8月22日
書評 反折口信夫論 村井紀 2004年6月27日
書評 不死鳥の歌人 斎藤史 山名康郎 2004年6月6日
書評 私はヒトラーの秘書だった トラウデル・ユンゲ、足立ラーベ加代、高島市子 2004年3月28日
書評 現代日本思想論 安丸良夫 2004年3月21日
書評 昭和の一哲学者 戦争を生きぬいて 沢田允茂 2004年1月18日
日本経済新聞
Link書名著者等掲載日
書評 木下杢太郎を読む日 岡井隆 2014年2月9日
書評 森鴎外の『うた日記』 岡井 隆 2012年3月4日