いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

寺尾紗穂の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 虫の文学誌 奥本大三郎 2019年10月6日
書評 「助けて」が言えない SOSを出さない人に支援者は何ができるか 編:松本俊彦 2019年9月29日
書評 輓馬の歌 《図案対象》と戦没画学生・久保克彦の青春 木村 亨 2019年9月8日
書評 銀河で一番静かな革命 マヒトゥ・ザ・ピーポー 2019年8月11日
書評 鳥と人間の文化誌 (関西学院大学研究叢書) 奥野卓司 2019年8月4日
書評 農学と戦争 知られざる満洲報国農場 藤原辰史 2019年7月21日
書評 平成家族 理想と現実の狭間で揺れる人たち 朝日新聞取材班 2019年6月23日
書評 分解者たち 見沼田んぼのほとりを生きる 猪瀬 浩平、写真:森田 友希 2019年6月2日
書評 歌は分断を越えて 在日コリアン二世のソプラノ歌手・金桂仙 (阪南大学叢書) 坪井 兵輔 2019年5月19日
書評 団地と移民 課題最先端「空間」の闘い 安田浩一 2019年4月28日
書評 動物園から未来を変える ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン 川端裕人 2019年4月7日
書評 在宅無限大 訪問看護師がみた生と死 (シリーズケアをひらく) 村上 靖彦 2019年2月10日
書評 復興と尊厳 震災後を生きる南三陸町の軌跡 内尾 太一 2019年2月3日
書評 悲しくてかっこいい人 イ ラン、翻訳:呉 永雅 2019年1月27日
書評 不妊、当事者の経験 日本におけるその変化20年 竹田 恵子 2018年12月9日
書評 モーツァルトのムクドリ 天才を支えたさえずり ライアンダ・リン・ハウプト、翻訳:宇丹 貴代実 2018年12月2日
書評 「リンゴの唄」の真実 戦後初めての流行歌を追う 永嶺重敏 2018年11月25日
書評 障害者と笑い 障害をめぐるコミュニケーションを拓く 塙 幸枝 2018年11月4日
書評 農家女性の戦後史 日本農業新聞「女の階段」の五十年 姉歯 曉 2018年10月21日
書評 不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか 堀越 英美 2018年10月7日
書評 ブラック校則 理不尽な苦しみの現実 編著:荻上 チキ、編著:内田 良 2018年9月23日
書評 農と土のある暮らしを次世代へ 原発事故からの農村の再生 (有機農業選書) 編著:菅野 正寿、編著:原田 直樹 2018年9月16日
書評 カルピスをつくった男 三島海雲 山川徹 2018年9月2日
書評 障がい者の能力を戦力にする 新しいカタチの「特例子会社」 川島 薫 2018年8月19日
書評 カラス学のすすめ 杉田 昭栄 2018年8月12日
書評 子どもの貧困 未来へつなぐためにできること 渡辺 由美子 2018年7月29日
書評 近現代アイヌ文学史論 アイヌ民族による日本語文学の軌跡 近代編 須田 茂 2018年7月8日
書評 もう「ゴミの島」と言わせない 豊島産廃不法投棄、終わりなき闘い 石井 亨 2018年6月10日
書評 ナチズムに囚われた子どもたち―人種主義が踏みにじった欧州と家族 リン・H・ニコラス、若林 美佐知 2018年5月27日
書評 ナチズムに囚われた子どもたち 人種主義が踏みにじった欧州と家族 上 リン・H.ニコラス、翻訳:若林 美佐知 2018年5月27日
書評 初代「君が代」 小田 豊二 2018年5月13日
書評 トマト缶の黒い真実 ジャン=バティスト・マレ、田中 裕子 2018年4月29日
書評 満州天理村「生琉里」の記憶―天理教と七三一部隊 エィミー ツジモト、Aimee Tsujimoto 2018年4月1日
週刊文春
Link書名著者等掲載日
書評 誰も知らなかったココ・シャネル ハル・ヴォーン著、赤根洋子訳 2012年10月8日