いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

佐柄木俊郎の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 戦略爆撃の思想 ゲルニカ、重慶、広島 前田哲男 2006年10月22日
書評 国際NGOが世界を変える 功刀達朗、毛利勝彦 2006年9月24日
書評 ビッグ・ピクチャー ハリウッドを動かす金と権力の新論理 エドワード・J・エプスタイン、塩谷紘 2006年3月26日
書評 少年裁判官ノオト 井垣康弘 2006年3月19日
書評 黒田清 記者魂は死なず 有須和也 2006年2月19日
書評 情報学的転回 IT社会のゆくえ 西垣通 2006年2月12日
書評 『ニューヨークタイムズ』神話―アメリカをミスリードした〈記録の新聞〉の50年 ハワード・フリーフ、リチャード・フォーク、立木勝 2006年2月5日
書評 旅の途中 巡り合った人々 1959−2005 筑紫哲也 2006年1月15日
書評 ディープ・スロート 大統領を葬った男 ボブ・ウッドワード、伏見威蕃 2005年12月11日
書評 日系アメリカ人強制収容とジャーナリズム 水野剛也 2005年11月20日
書評 プロファイリング・ビジネス ロバート・オハロー、中谷和男 2005年11月13日
書評 ブログ 世界を変える個人メディア ダン・ギルモア 2005年10月9日
書評 表現の自由VS.知的財産権 著作権が自由を殺す? K・マクロード、田畑暁生 2005年9月18日
書評 御巣鷹の謎を追う 日航123便事故20年 米田憲司 2005年8月28日
書評 あの夏、少年はいた 岩佐寿弥、川口汐子 2005年8月21日
書評 シビック・ジャーナリズムの挑戦 寺島英弥 2005年7月17日
書評 オーマイニュースの挑戦 韓国「インターネット新聞」事始め 呉連鎬、大畑龍次 2005年5月29日
書評 ドキュメンタリーは嘘をつく 森達也 2005年5月22日
書評 国連とアメリカ 最上敏樹 2005年5月1日
書評 <犯罪被害者>が報道を変える 高橋シズヱ河原理子 2005年4月3日
書評 幕末の毒舌家 野口武彦 2005年3月13日
書評 シクスティーズの日々―それぞれの定年後 久田恵 2005年3月6日
書評 哲学の冒険―「マトリックス」でデカルトが解る マーク・ローランズ筒井康隆、石塚あおい 2005年1月23日
書評 不安の正体!―メディア政治とイラク戦後の世界 金子勝藤原帰一宮台真司 2004年12月19日
書評 イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代 ロバート・ホワイティング、松井みどり 2004年12月12日
書評 死刑判決  スコットトゥロー 2004年11月21日
書評 インターネット時代の表現の自由 ジェレミー・ハリス・リップシュルツ、尾内達也 2004年11月7日
書評 世界の明日が決する日―米大統領選後の世界はどうなるのか カレル・ヴァンウォルフレン、川上純子 2004年10月24日
書評 メディアが市民の敵になる 山口正紀 2004年10月10日
書評 死亡推定時刻 現実感あふれる冤罪サスペンス 朔立木 2004年9月12日
書評 患者さんと家族のためのがんの最新医療 垣添忠生 2004年9月5日
書評 伊藤博文と韓国併合 海野福寿 2004年8月22日
書評 日本の信徒の「神学」 隅谷三喜男 2004年8月1日
書評 影の外に出る 日本、アメリカ、戦後の分岐点 片岡義男 2004年7月18日
書評 パロティングが招く危機メディアが培養する世論 石川旺 2004年7月4日
書評 昭和帝国の暗殺政治ーテロとクーデタの時代 ヒュー・バイアス、内山秀夫、増田修代 2004年6月20日
書評 スポ 蓮實重彦 2004年5月16日
書評 麻原を死刑にして、それで済むのか? 渡辺脩 2004年4月11日