いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

宇野重規の書評

朝日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 民主主義を救え! 翻訳:吉田徹 2019年10月13日
書評 ネット右派の歴史社会学 アンダーグラウンド平成史1990−2000年代 伊藤昌亮 2019年10月6日
書評 隠された奴隷制 (集英社新書) 植村 邦彦 2019年9月22日
書評 アフリカの難民キャンプで暮らす ブジュブラムでのフィールドワーク401日 2019年9月15日
書評 図書室 岸政彦 2019年9月1日
書評 野党が政権に就くとき 地方分権と民主主義 中野 晃一、翻訳:中野 真紀子 2019年8月11日
書評 日米地位協定 在日米軍と「同盟」の70年 (中公新書) 山本章子 2019年7月28日
書評 自公政権とは何か 「連立」にみる強さの正体 (ちくま新書) 中北 浩爾 2019年7月14日
書評 江藤淳は甦える 平山周吉 2019年6月30日
書評 候補者ジェレミー・コービン 「反貧困」から首相への道 アレックス・ナンズ、翻訳:藤澤 みどり、翻訳:荒井 雅子、翻訳:坂野 正明 2019年6月2日
書評 真実が揺らぐ時 ベルリンの壁崩壊から9.11まで トニー・ジャット、翻訳:河野真太郎 2019年5月19日
書評 イタリアン・セオリーの現在 ロベルト・テッロージ、翻訳:柱本 元彦 2019年5月12日
書評 夏の坂道 村木 嵐 2019年4月28日
書評 アメリカの恩寵 宗教は社会をいかに分かち、結びつけるのか ロバート・D.パットナム、デヴィッド・E.キャンベル、翻訳:柴内 康文 2019年3月31日
読売新聞
Link書名著者等掲載日
書評 日本−喪失と再起の物語 黒船、敗戦、そして3・11 上 デイヴィッド・ピリング/著、仲達志/訳 2014年12月14日
書評 33年後のなんとなく、クリスタル 田中康夫/著 2014年12月7日
書評 吉田健一 長谷川郁夫/著 2014年11月23日
日本経済新聞
Link書名著者等掲載日
書評 トクヴィルが見たアメリカ: 現代デモクラシーの誕生 レオ ダムロッシュ 2013年2月3日
書評 ブレア回顧録〈上〉 トニー・ブレア 2011年12月18日
※古い書評はリンク切れしている場合があります。

宇野重規のいい本のまとめ