いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

加藤陽子の書評

毎日新聞
Link書名著者等掲載日
書評 牧原憲夫著作選集  牧原憲夫・著、藤野裕子、戸邉秀明・編 2019年11月3日
書評 皇室財産の政治史 明治二〇年代の御料地「処分」と宮中・府中 池田さなえ 2019年9月1日
書評 思いつきで世界は進む 橋本治 2019年7月21日
書評 皇位継承 歴史をふりかえり 変化を見定める 春名宏昭、高橋典幸ほか 2019年6月9日
書評 ツァーリと大衆 近代ロシアの読書の社会史 巽由樹子 2019年4月7日
書評 帝国航路を往く イギリス植民地と近代日本 木畑洋一 2019年2月24日
書評 鶴見俊輔伝 黒川創 2019年1月13日
書評 日中戦争と中ソ関係 1937年ソ連外交文書… 河原地英武ほか訳、家近亮子ほか監修 2018年11月18日
書評 誰のために法は生まれた 木庭顕 2018年10月14日
書評 経済学者たちの日米開戦 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く 牧野邦昭 2018年9月2日
書評 戊辰戦争の新視点  奈倉哲三ほか編 2018年6月24日
書評 胡適 1891−1962 中国革命の中のリベラリズム ジェローム・グリーダー 2018年5月13日
書評 極夜行 角幡唯介 2018年3月25日
書評 告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実 旗手啓介 2018年2月11日
書評 歴史と国家 マーガレット・メール 2017年12月24日
書評 古都の占領 生活史からみる京都1945−1952 西川祐子 2017年10月15日
書評 日中戦争全史  笠原十九司 2017年8月27日
書評 地下道の鳩 ジョン・ル・カレ回想録 ジョン・ル・カレ 2017年5月28日
書評 安達峰一郎 日本の外交官から世界の裁判官へ 柳原正治、篠原初枝・編 2017年4月9日
書評 昭和天皇の戦争 山田朗 2017年2月26日
書評 「百学連環」を読む 山本貴光 2017年1月8日
書評 藤田嗣治 妻とみへの手紙 1913−1916  監修・林洋子、校訂・加藤時男 2016年11月13日
書評 情報参謀 小口日出彦 2016年9月18日
書評 新しく学ぶ西洋の歴史−アジアから考える 南塚信吾秋田茂、高澤紀恵・責任編集 2016年5月1日
書評 吉野作造政治史講義−矢内原忠雄・赤松克麿・岡義武ノート 吉野作造講義録研究会・編 2016年3月13日
書評 小林秀雄の流儀 山本七平 2016年1月31日
書評 大英帝国の親日派 アントニー・ベスト 2015年12月6日
書評 なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか 伊藤剛・著 2015年10月25日
書評 杉浦明平 暗夜日記 1941−45 若杉美智子、鳥羽耕史・編 2015年9月20日
書評 たまきはる 神藏美子 2015年7月12日
書評 朝鮮王公族−帝国日本の準皇族 新城道彦・著 2015年5月17日
書評 本当の戦争の話をしよう−世界の「対立」を仕切る 伊勢崎賢治・著 2015年3月22日
書評 第一次世界大戦開戦原因の再検討 小野塚知二・編 2015年2月1日
書評 国家と秘密−隠される公文書 久保亨瀬畑源 2014年11月16日
書評 スターリン−「非道の独裁者」の実像 横手慎二 2014年9月28日
書評 東京大学の学術遺産 〓拾帖 モリナガ・ヨウ 2014年8月10日
書評 海外戦没者の戦後史−遺骨帰還と慰霊 浜井和史 2014年6月22日
書評 焼跡からのデモクラシー  吉見義明 2014年5月11日
書評 濱口雄幸伝  今井清一 2014年2月2日
※古い書評はリンク切れしている場合があります。

加藤陽子のいい本のまとめ