いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

和歌の黄昏 短歌の夜明け

著者:島内 景二 
出版社:花鳥社
単行本:343ページ
発売日:2019-09-30
分類: ノンフィクション  詩論 
キーワード: 和歌  黄昏  短歌  夜明け 
和歌の黄昏 短歌の夜明け
       

<マイリスト>

<目次>

序章 早わかり「和歌・短歌史」
1 和歌の黄昏
  • 和歌は、異文化統合のシステムだった
  • 皆殺しの短歌と、「四海兄弟」の和歌
  • 中島広足と神風思想
  • 三島由紀夫は、和歌文化を護ろうとした
  • 蓮田善明の「反近代」、そして「反アララギ」 ほか
2 短歌の夜明け
  • 現代短歌は、いつから平面化したのか
  • 短歌の物語性と批評性の母胎は、漢語である
  • 正岡子規と『源氏物語』
  • 正岡子規の「歴史」詠
  • 短歌と新体詩の距離 ほか
終章 「もののあはれ」と日本、そして世界

<新聞書評>