いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

認知症世界の歩き方

著者:筧 裕介 
出版社:ライツ社
単行本:264ページ
発売日:2021/09/15
価格:2090円
分類: ケアマネジャー  社会・政治  暮らし・健康・子育て 
キーワード: 認知症  世界 
評価 3.8   読者数 3.4
受賞:ビジネス書グランプリ4位 
認知症世界の歩き方
       

<マイリスト>

<目次>

1 認知症世界の歩き方「認知症のある人が生きている世界」がわかる13のストーリー(記憶のトラブル
  • 乗るとだんだん記憶をなくす ミステリーバス―自分のしたことを忘れてしまうのは、なぜ?
  • 視界も記憶も同時にかき消す深い霧 ホワイトアウト渓谷―同じものを何度も買ってきてしまうのは、なぜ? ほか
五感のトラブル
  • イケメンも美女も、見た目が関係ない社会 顔無し族の村―人の顔がわからなくなるのは、なぜ?
  • 目の前に突如現れる落とし穴、水溜り、深い谷 サッカク砂漠―歩くのが怖くなってしまうのは、なぜ? ほか
時間・空間のトラブル
  • 時計の針が一定のリズムでは刻まれない トキシラズ宮殿―コンロの火を消し忘れてしまうのは、なぜ?
  • 一本道なのになかなか出口にたどり着かない 服ノ袖トンネル―同じ服ばかり着たがるのは、なぜ? ほか
注意・手続きのトラブル
  • ヒソヒソ話が全部聞こえて疲れてしまう カクテルバーDANBO―人の話を集中して聞けないのは、なぜ?
  • 記憶、計算、注意、空間…支払いに潜む数々の罠 カイケイの壁―レジですごく時間がかかるのは、なぜ?)
2 認知症とともに生きるための知恵を学ぶ旅のガイド
  • DEPART 新しい旅へ踏み出す
  • TEAM UP 旅の仲間をつくる ほか

<新聞書評>

<筧 裕介の本>

<こちらの本も見られています>