いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

街場の戦争論 (シリーズ 22世紀を生きる)

著者:内田樹 
出版社:ミシマ社
単行本:288ページ
発売日:2014-10-24
分類: ノンフィクション  現代思想  政治入門 
キーワード: 街場  戦争論 
評価 4.1   読者数 3.0
街場の戦争論 (シリーズ 22世紀を生きる)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 過去についての想像力
  • 二十二世紀の日本の風景はどうなっているか
  • 帝都の空は澄んでいた ほか
第2章 ほんとうの日本人
  • あったかもしれない戦後文学
  • 主権国家の国民であることの気分 ほか
第3章 株式会社化する日本政治
  • 現代日本のバックラッシュ
  • 安倍政権の政策「未来予測」 ほか
第4章 働くこと、学ぶこと
  • 仕事はあるのに求職者が来ない理由
  • 仕事は仕事のほうからやってくる ほか
第5章 インテリジェンスとは
  • 支配層のクロスオーバーな連帯
  • 歴史的スパイ「キム・フィルビー」事件 ほか

<内田樹の本>