いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

荷を引く獣たち: 動物の解放と障害者の解放

著者:Sunaura Taylor  スナウラ テイラー 
出版社:洛北出版
単行本:443ページ
発売日:2020/09/10
分類: 社会一般  社会学概論 
荷を引く獣たち: 動物の解放と障害者の解放
       

<マイリスト>

<目次>

1 いくつかの閃き
  • 奇妙だけれどほんとうの
  • 障害とは何か?
  • 動物の不具たち
2 動物倫理を不具にする
  • 話すことのできたチンパンジー
  • 健常者中心主義と動物
  • 動物とは何か?
  • 覚えていたチンパンジー
3 わたしは動物だ
  • 猿みたいに歩く子
  • 動物侮辱
  • 動物を主張する
4 すべて自然だ
  • 生まれながらのフリーク
  • あらゆる動物は平等だ(だがもっと平等な動物もいる
新たな団欒に向けて
肉の浪漫化
肉という天災)
5 相互依存
  • 必要の衡突
  • 種と能力を超えるケア
  • サービス・ドッグ

<新聞書評>