いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

あべこべ感覚―役立つ初期仏教法話7

著者:アルボムッレ スマナサーラ 
レーベル: サンガ新書
出版社:サンガ
新書:195ページ
発売日:2008-05-01
分類: 仏教 
キーワード: 感覚  初期  仏教  法話 
評価 3.7   読者数 2.3
あべこべ感覚―役立つ初期仏教法話7
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「宗教VS世間」という対立
  • あべこべですよという結論
  • 「あべこべ」が生きにくさの原因 ほか
第2章 捏造のメカニズム
  • 問題は「捏造」して認識すること
  • 捏造とは、自分の都合でつくる情報 ほか
第3章 「あべこべ」=「顛倒」のメクニズム
  • お釈迦さまが説いた「顛倒」という真理
  • 顛倒が起こる場所(1) 「概念の顛倒」 ほか
第4章 あり得ない期待、保証されない願望(あり得ない期待・願望(1) 「生まれないようにとの期待」
生まれるという必然からは逃れられない ほか)
第5章 私は死なないという幻想を捨てる
  • いつでも、生きている実感しかない
  • 「ある」という実感しかない ほか

<アルボムッレ スマナサーラの本>