いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ディープステート 世界を操るのは誰か

著者:馬渕 睦夫 
出版社:ワック
単行本(ソフトカバー):214ページ
発売日:2021/06/20
価格:1540円
分類: アメリカ  外交・国際関係 
キーワード: 世界   
評価 3.6   読者数 2.3
ディープステート 世界を操るのは誰か
       

<マイリスト>

<目次>

序章 アメリカ大統領選挙が暴いたディープステートの陰謀
  • 大統領選挙はまだ終わっていない
  • 「目に見えない統治機構」としてのディープステート
第1章 ディープステートとは何か
  • 不正選挙で大統領にしてもらったウッドロー・ウィルソン
  • 1916年の再選時にも不正が ほか
第2章 ディープステートが操った戦争と革命の20世紀
  • 東西冷戦は八百長だった―私の原点
  • ロシア革命はディープステートが起こしたユダヤ人解放革命 ほか
第3章 ディープステートに戦いを挑んだプーチンとトランプ
  • エリチン政権はユダヤ政権だった
  • 世界統一政府構想を見抜いていたプーチン ほか
第4章 日本の霊性が世界を救う
  • ディープステートは日本に何をしたか―その一 中国を共産化するための日米戦争を仕組んだ
  • その二 GHQによって日本を社会主義化した ほか

<馬渕 睦夫の本>