いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

百人一首という感情

著者:最果 タヒ 
出版社:リトル・モア
単行本(ソフトカバー):304ページ
発売日:2018-11-24
分類: 日本の古典 
キーワード: 感情 
評価 3.6   読者数 2.2
百人一首という感情
       

<マイリスト>

<目次>

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ 天智天皇
春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山 持統天皇
あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む 柿本人磨
田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ 山部赤人
奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき 猿丸大夫
かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持
天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも 阿部仲磨
わが庵は都の辰巳しかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり 喜撰法師
花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに 小野小町
これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関 蝉丸〔ほか〕

<新聞書評>

<最果 タヒの本>