いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ぼくは猟師になった

著者:千松 信也 
出版社:リトル・モア
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2008-09-02
分類: エッセー・随筆  ノンフィクション  農林水産  文化人類学一般 
キーワード: ぼく  猟師 
評価 4.0   読者数 3.5
ぼくは猟師になった
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 ぼくはこうして猟師になった
  • 妖怪がいた故郷
  • 獣医になりたかった
  • 大学寮の生活とアジア放浪 ほか
第2章 猟期の日々
  • 獲物が教える猟の季節
  • 見えない獲物を探る
  • ワナを担いでいざ山へ ほか
第3章 休猟期の日々
  • 薪と過ごす冬
  • 春のおかずは寄り道に
  • 夏の獲物は水のなか ほか

<新聞書評>

<ブログ等>

<別版>

<千松 信也の本>