いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

愉しい干潟学

著者:ジポーリン 福島菜穂子  小倉雅實 
出版社:八坂書房
単行本(ソフトカバー):152ページ
発売日:2014-07-25
価格:1620円
分類: スポーツ・アウトドア  生物学 
愉しい干潟学
       

<マイリスト>

<目次>

そもそも、干潟ってなんだろう?―小網代湾の場合
待て、待て、マテ貝、潮はもう満ちたかい?
干潟のカニを観察しよう!―カニの食事とダンスの話
ヤドカリさん、お住まいとお友だち
小網代干潟の大きなヤドカリ、コブヨコバサミ
アマガニの正体、ヤドカリのお味はいかが?
海にもいろいろ、虎も牛も鹿も、そして兎も
二枚貝、食事のしかたも二通り―懸濁物食者と堆積物食者
干潟の遊女は女神さま
ツメタガイと砂茶碗
青鷺の名前―小網代の青鷺は、哲鳥か聖鳥か、はたまたお笑い芸鳥か
くらげ、泳ぐか、浮かぶか、月を模して漂うか
秋でもさくら冬でもさくら、干潟でもさくら
さくらは大島、ひがたは小網代
海のドングリ、ちょっと変わったフジツボの話
動かないフジツボは世界を巡る
鉄の歯と石の目をもつヒザラガイ
よしはらのゆりかごから
世界のあちこちで葦笛、世界中に葦原
最後に、「サムサール条約」から考える

<新聞書評>