いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

西アフリカ内陸の近代:国家をもたない社会と国家の歴史人類学

著者:中尾 世治 
出版社:風響社
単行本:606ページ
発売日:2020/09/10
価格:7700円
分類: その他の地域の歴史  文化人類学・民俗学 
西アフリカ内陸の近代:国家をもたない社会と国家の歴史人類学
       

<マイリスト>

<目次>

序論
  • 歴史人類学の地平:史資料のもつパースペクティブ
  • 西アフリカ内陸の近代と歴史人類学
  • 史資料の認識とそれぞれの分析手法
  • 本書の枠組と構成
第1部 19世紀までのムフン川湾曲部における持続と変容:政治・経済・イスラームの新たな複合の萌芽
  • 西アフリカ内陸の農村社会の形成と特徴
  • ムフン川湾曲部の歴史的世界
  • ムフン川湾曲部における周縁的なジハードと国家形成
第2部 植民地統治の確立:植民地統治による政治・経済・宗教の変容
  • 国家をもたない社会における「平定」と暴力の独占
  • 内陸における植民地経済
  • 宗教―政治の出現:植民地行政、カトリック宣教団、イスラームの接触領域
第3部 ブラザヴィル会議以降の政治とイスラーむ:ムフン川湾曲部における新たな政治・経済・イスラームの複合
  • オート・ヴォルタ植民地における政党政治
  • ボボ・ジュラソにおけるイスラーム改革主義運動
  • 西アフリカ内陸における近代と国家

<新聞書評>