いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

デモクラシー以後 〔協調的「保護主義」の提唱〕

著者:エマニュエル トッド 
出版社:藤原書店
単行本:370ページ
発売日:2009-06-25
分類: イデオロギー  経済学 
評価 3.5   読者数 2.5
デモクラシー以後 〔協調的「保護主義」の提唱〕
       

<マイリスト>

<目次>

民主主義をめぐる普遍性と多様性
サルコジ局面
この空虚は宗教的な空虚である
教育の停滞と文化的悲観論
民主制から寡頭制へ
フランス人と不平等―人類学からの貢献
民族化か?
自由貿易は民主主義への阻害要因
階級闘争か?
人類学的土台の極めて緩慢な変化
デモクラシー以後
保護主義、ヨーロッパ民主主義の最後のチャンス

<エマニュエル トッドの本>