いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

電子書籍の衝撃

著者:佐々木 俊尚 
レーベル: ディスカヴァー携書
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
新書:303ページ
発売日:2010-04-15
分類: ジャーナリズム  本・図書館 
キーワード: 電子  書籍  衝撃 
評価 3.6   読者数 3.8
受賞:新書大賞18位 
電子書籍の衝撃
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 iPadとキンドルは、何を変えるのか?
  • 姿勢と距離から見る、コンテンツとデバイスの相性
  • キンドルの衝撃
  • これ以上ないほど簡単な購入インターフェイス ほか
第2章 電子ブック・プラットフォーム戦争
  • ベストセラー作家が電子ブックの版権をアマゾンに
  • 電子ブック、ディストリビューターの広がり
  • 出版社勝算なき抵抗 ほか
第3章 セルフパブリッシングの時代へ
  • アマゾンで、誰でも書き手の時代到来!?
  • ISBNコードを取得する!
  • アマゾンDTPに、アカウントを登録! ほか
第4章 日本の出版文化はなぜダメになったのか
  • 若い人は活字を読まなくなったのか?
  • ケータイ小説本がなぜ売れたか?
  • ケータイ小説は、コンテンツではなくて、コンテキスト ほか
終章 本の未来
  • 電子ブックの新しい生態系
  • 書店の中にコンテキストをつくった往来堂書店、安藤哲也さん
  • なぜ、未来の書店像として広まらないのか? ほか

<佐々木 俊尚の本>