いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

街を変える小さな店?京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。

著者:堀部篤史 
出版社:京阪神Lマガジン
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2013-11-18
分類: ビジネス実用  社会と文化  社会学概論 
キーワード:     京都  かたち 
評価 3.6   読者数 3.0
街を変える小さな店?京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 僕の街、僕の店
  • 「恵文社一乗寺店」と街のこれまで
  • 恵文社一乗寺店界隈事件簿
第2章 京都「ここだけ」の小さな店
  • 街も店をつくる―「屯風」「ガケ書房」
  • 未来は過去の中にある―「迷子」「出町ふたば」
  • 本屋は街の先生だった―「三月書房」「古書善行堂」「WORKSHOP records」
  • 「路地」という抜け道で―「レンタサイクルえむじか」「ナミイタアレ/出町柳文化センター」
  • 生きるために必要な喫茶店―「六曜社地下店」
巻末対談 個人店が生き残るには

<ブログ等>

<堀部篤史の本>