いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

〆切本2

著者:森?外  二葉亭四迷  武者小路実篤  北原白秋  石川啄木  芥川龍之介  横溝正史  小林多喜二  丸山眞男  水木しげる  山崎豊子  田辺聖子  赤塚不二夫  高橋留美子  穂村弘  福沢諭吉  源氏鶏太  山本有三  ドストエフスキー  夢野久作  石川淳  山本周五郎  太宰治  松本清張  梅棹忠夫  安岡章太郎  井上ひさし  宮尾登美子  向田邦子  川上弘美  リリーフランキー  川上未映子  町田康  萩原朔太郎  滝井孝作  深沢七郎  五味康祐  小川国夫  吉村昭  校條剛  團伊玖磨  河野多惠子  五木寛之  片岡義男  堀辰雄 
出版社:左右社
単行本:392ページ
発売日:2017-10-07
分類: エッセー・随筆 
キーワード:  
〆切本2
         

<マイリスト>

<目次>

1 今に死ぬ、どうしても書けぬ(作家の生活(源氏鶏太)
書簡・明治四十年(二葉亭四迷) ほか)
2 編集者はつらいよ(手紙/はがき・昭和八年/十一年(萩原朔太郎)
虚子さんの文章(滝井孝作) ほか)
3 〆切タイムスリップ(さようなら(團伊玖磨)
「骨の肉」の思い出(河野多惠子) ほか)
4 助けておくれよ、家族(妻と作家は両立するか(神近市子・岡本かの子・今井邦子・宇野千代・中條百合子・美川きよ・平林たい子)
愛猿記(子母澤寛) ほか)
5 〆切幻覚作用(化物(野間宏)
研究室裏の空想(木下杢太郎) ほか)
6 それでも〆切はやってくる(締切り(井上靖)
晩年の父犀星(室生朝子) ほか)
10 〆切の刑(ハナモゲラ語の思想(タモリ)
読者へ(野坂昭如))

<新聞書評>

<武者小路実篤の本>

<石川啄木の本>

<芥川龍之介の本>

<横溝正史の本>

<丸山眞男の本>

<水木しげるの本>

<山崎豊子の本>

<田辺聖子の本>

<赤塚不二夫の本>

<穂村弘の本>

<福沢諭吉の本>

<ドストエフスキーの本>

<夢野久作の本>

<山本周五郎の本>

<太宰治の本>

<松本清張の本>

<梅棹忠夫の本>

<井上ひさしの本>

<宮尾登美子の本>

<向田邦子の本>

<川上弘美の本>

<リリーフランキーの本>

<川上未映子の本>

<町田康の本>

<萩原朔太郎の本>

<深沢七郎の本>

<吉村昭の本>

<五木寛之の本>