いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

右であれ左であれ、思想はネットでは伝わらない。

著者:坪内 祐三 
出版社:幻戯書房
単行本:413ページ
発売日:2017-12-22
分類: 思想  哲学 
右であれ左であれ、思想はネットでは伝わらない。
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 戦後論壇の巨人たち
  • 福田恆存―「保守反動」と呼ばれた正論家
  • 田中美知太郎―歴史の真実を語ろうとした人 ほか
第2章 文藝春秋をつくった人びと
  • 菊池寛―「非凡の人」の新しさ
  • 佐佐木茂索―文春を救った人 ほか
第3章 滝田樗陰のいた時代
  • サヨナラ「中央公論」
  • 木佐木勝日記の「完本」と「原本」を読み比べる ほか
第4章 ラディカル・マイノリティの系譜
  • アメリカと「左翼」の照応
  • エリア・カザン―裏切者と呼ばれて ほか
第5章 「戦後」の終わり
  • 文春的なものと朝日的なもの
  • 「戦後八十年」はないだろう ほか

<新聞書評>