いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

韓民族こそ歴史の加害者である

著者:石平 
出版社:飛鳥新社
単行本(ソフトカバー):232ページ
発売日:2016-05-07
分類: 外交・国際関係  韓国・朝鮮史 
キーワード:   民族  歴史  加害者 
評価 4.5   読者数 2.9
[ベスト1000冊]
韓民族こそ歴史の加害者である
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 侵略軍を半島に招き入れた「三国統一戦争」
  • 「民族の不幸」と評される三国統一戦争
  • 高句麗と百済の「告げ口外交」とその結末 ほか
第2章 日本侵略の主役となった高麗王朝の生存術
  • 高麗は元寇の「単なる脇役」だったのか
  • 自ら進んでモンゴルの「忠僕」となった高麗王朝 ほか
第3章 アジアの大迷惑だった朝鮮王朝の「近代化」
  • 朝鮮の「近代化」を遅らせたのは何か
  • 清王朝の朝鮮干渉を招いた「壬午軍乱」 ほか
第4章 朝鮮戦争最大の「A級戦犯」は李承晩だった
  • 朝鮮戦争とは何だったのか
  • 「民族分断」の原因を作ったのは誰なのか ほか

<新聞書評>

<石平の本>